絵本と珈琲でのんびり・・・小さな絵本カフェの毎日 現在都合により、実店舗での営業はしておりません。


by chiisai_ouchi

愛の本

d0250618_13132144.jpg

d0250618_13132142.jpg

久しぶりに陽射しが戻り
暑い1日

スィーツメニューに
マンゴー小豆フラッペ
が、仲間入りです。


さて、絵本カフェらしく
絵本のはなし。


本好きの友人が
私が好きそうだと、貸してくれました。



「愛の本」 作:ペニラ・スタールフェルト
      訳:川上麻衣子

 はい、これ、
スウェーデンの絵本
性教育の絵本というと
色気がありませんが、

 愛することは世の中で一番かんたんなこと……。
そして世の中で一番むずかしいこと。


というト書きからはじまります。


いかにも、北欧チックな陽気で、あっけらかんなイラストと共に、
愛ってどんな感じ?
恋って?

と、どんどん話が広がります。


「愛する」って、人としてだいじなことですよね。
すごく、ストレートに
そして、いろんな愛の形を教えてくれます。


「ちいさいおうち」で、「愛の本」のページをめくりながら、
愛について、思いをめぐらすのも、悪くないと思いますよ(笑)



愛のほん
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4097264036/ref=mem_taf_books_d?uid=NULLGWDOCOMO&qid=1314157704&sr=8-4


同じシリーズで
「死の本」も、あるんです。
[PR]
by chiisai_ouchi | 2011-08-24 13:13